読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しずくら

静岡で送る生活の中で「いいな」と思ったものをゆるく紹介していきます。

ライター世之介とまる子が静岡の暮らしを発信していきます

・・・えっ!?横断バックって、静岡だけなの!?

f:id:tabizora:20161113214538j:plain
引用:http://www.an-zen.co.jp/products/detail/202.html

静岡出身のみなさん!

横断バックって、静岡だけらしいですよー!!!

この衝撃の事実、知ってましたか?

静岡の小学生と言ったら、ランドセルに横断バック。

交通安全標語とかが書いてある、あの黄色いバック。

そう、それは小学生定番の黄色い傘以上に目立つ、黄色いバック。

ランドセルに入りきらない体操着とか、給食セットとかを入れる黄色いバック。

ランドセルと共に6年間を共にするアイテムであり、なくてはならない物なのです。

それが・・・静岡だけだったなんて・・・。




思い返せば、あいつとの出会いは、入学式でした。

ピカピカのランドセルを背負って、ドキドキしながら入った教室。

机には初めての教科書。

そして、横断バック



そう、静岡では、小学校入学と共に誰もが手に入れるアイテムなのです。


製造元はミヤハラという会社

昭和38年に通学中の子どもの安全を願って、横断歩道に置いてある黄色い旗(児童が持ちながら渡るよう)の代わりとなるよう、開発したのだそう。

だから黄色い「横断バック」なんですね。

そんな願いが込められていたなんて、全く知りませんでした。

静岡の子どもたちはみんな、ミヤハラの優しさに守られてきたのですね(涙)


進化し続ける横断バック

f:id:tabizora:20161113215004j:plain
引用:http://www.shizushin.co.jp/topix/map/suruga/16_5400308e5fd1c/


最近では、黄色だけでなく、様々なカラーが展開されているようで、ショッキングピンクやブルー、グリーンもあるようです。

そういえば先日、ショッキングピンクの横断バックを持った子を見かけ、ショックを受けました。

さらに、静岡SAではご当地グッズとして、お土産コーナーの一角に横断バックが販売されていました。

f:id:tabizora:20161113215742j:plain
引用:http://heaaart.com/post/43924

近年では小学生に特化したバックだけでなく、「大人の横断バック」として、横断バックデザインの「ポーチ」「ペットボトルホルダー」「名刺入れ」など、幅広く展開されているよう。

f:id:tabizora:20161113220434j:plain
引用:http://heaaart.com/post/43924

ちなみに、友達は「横断バックスマホケース」を使っています。

確かに、小学生の頃を懐かしんで、手に取りたくなってしまいます。

旧友にあったような・・・無邪気なあの頃を思い出すような・・・そんな気持ちになります。



静岡出身のみなさん。

横断バックグッズ、いかがでしょうか?